着物

「和服」は綿、「呉服」は絹の製品です。

日本にも独自の伝統的な民族服があります。

人が暮らしを営んでいくのに衣服は必須アイテムです。

着物には「和服」と呼ばれるものと「呉服」と呼ばれるものがあります。

俗に「着物」と呼ばれているものです。

他にも女性の衣装として正装の振袖や留袖、普段着の小紋などや、なお男性の服装では、正装の五つ紋付、普段着の甚平(じんべえ)、法被(はっぴ)等の様々な種類があります。

そして、衣服にはその国の風土や暮らし儀式による特色があり、その国の文化の一部ともなります。

着物という会話の意味は、衣服全般を指すものでしたが、今の時代ではほとんど日本の伝統衣装を指す言い回しとなっています。

着物の一般的な着用手法は、肌の上に「肌襦袢(はだじゅばん)」を着て、その上に柄の入った「長襦袢(ながじゅばん)」を着用し、その上表着となる「長着」を着ます。

衣服を着ることにより身体を保護することや、おしゃれをすることで自ら自分を表現する事が出来ます。

現代だと大抵、着物は「和服」と呼ばれることが多いです。

中古着物 通販

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *